<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 逢いたくて逢いたくて | Main | 実家のVIVIさんがお泊り >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
JUGEMテーマ:ボストンテリア




くーがいなくなって1ヶ月が過ぎた。

昨日と、今日は雪。
諏訪はやっと桜が咲いたのに・・・



雪が降ると切なくなる。


私が入籍して1週間。
新居に引っ越して3日。

「3月9日」に吹雪の中をくーちゃんはお空に旅立って行った。



引越し前から調子が悪く、引越しの翌日に入院。
3月9日に手術。

手術後、頭を撫で、手をにぎり
「くーちゃん起きて」

「帰っておいで!」と声を掛けた。


けど・・・

麻酔から覚醒しかけた時に、数回ビックとし心拍のモニターが「0」
ピーーーという音が響いた。

麻酔から目覚める事が出来ずに・・・・



未だにその映像が頭から離れない。

一人になると涙が出てくる。


くーちゃんはきっと、「ママをよろしくね」と旦那に託し
そして、私が寂しくないようにとあまり思い出の無い新居に引っ越してから
行ってしまったんだと思う。
くーちゃんは新居には1日半しかいなかった。


結婚をし、埼玉に住んでいた時に家を買い、
念願だった子犬「くーちゃん」を迎えた。

くーとどう接して良いか分からずに、しつけに悩み格闘した。

離婚が決まり、くーと共に長野へ戻った。
本当に辛い時期にくーがいつも一緒にいてくれた。

くーがいるだけで頑張れた。



床に転がっている姿を見て癒され、おならで笑い、いびきは癒しの音楽だった。
それが今はもう無い。

今の旦那「殿」と出会い、新しい家族が出来て、3人で楽しく暮らしていこう。
と楽しみだったのに。


nicoが来るのは嬉しいし、楽しみ。
だけど、くーちゃんはいない。

30代のほとんどを一緒にすごしたくーちゃん。
私の大切な大切な可愛い子。


子犬の頃からかわらず、こうやって床に転がっていたね。






くーパピー

まっすぐな目で見つめてくれていたね。




仕事から帰ると、くーを抱きしめ
「毎日かわいいね。ママの大事なくーちゃん。くーがいるから頑張れる。毎日ありがと」
と耳元でささやいていた。
くーはそれを黙って目を閉じて聞いててくれた。




くーが導いてくれた「今」を大切にしていくよ。


PS:やっと桜が咲いたよ。
桜並木をお散歩したいね。

くーちゃん、大好きだよ。





 
| coo | 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 08:15 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://hi-coonico.jugem.jp/trackback/10
TRACKBACK