<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 時間の流れ | Main | nicoベッドを作ったよ〜 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
JUGEMテーマ:ボストンテリア


9/6

VIVIが実家の子になって1年経った。



去年、たまたま里親募集のHPを見ていて見つけた子。

DVC00006.jpg


両親が仕事を退職し、2人の時間を過ごし始めていた。
昔から、動物が好きで家にはずっと何かがいた。

犬は、2代に渡り「狆」を飼っていて、チャボが何十羽。
ギンケイという珍しい鳥もいた。

最近までは、「ウコッケイ」を飼って卵を採っていた。
そのウコッケイも、近所に出没するハクビシンに金網を破られ捕られてしまった。

そんな父に、
「事情があって前の飼い主さんが飼う事が出来なくなった、3歳のボストンテリアの♀がいる。
もし、迎えたい気持ちがあるなら、私もサポートするよ。」と話してみた。

両親で話し合って、「迎える」という選択をして
あれから1年。


来たばかりの頃は、うんちもおしっこも我慢して、ご飯を食べない日が何日も続いた。
しばらくは食べたり食べなかったりで、父も母も心配で心配で・・・

でも、人が大好きで甘えん坊。
両親の膝で甘えて寝ていた。

くーと私が、実家に出戻った時は「犬」に余り理解がなかった母。
機嫌が悪い時は、くーの事を引き合いに出しよく文句を言っていた。

それがVIVIが来てからは、くーちゃんのおりこうさん振りにすっかりメロメロ。
くーちゃんのこともすごく可愛がってくれるようになった。

VIVIが来た事で、両親に張り合いが出来て平凡な毎日が楽しくなったって。
二人とも良い顔をしている。

もう、VIVIなしではいられない。

もちろんVIVIもすっかりじーじ&ばーばの子。
我が家にお泊りの時は、遊んでいても急に思い出して寂しくなって
悲しい顔で座り込んだりする。

初対面の犬が怖くて、固まり、攻撃する素振りをしちゃうVIVI。

でも、くーちゃんがVIVIに接したように
VIVIはnicoに接してくれる。
すっかりお姉ちゃん。

実家のVIVIと

VIVI
じーじもばーばもずっと一緒にいるよ。
じーじとばーばの子になってくれてありがとう。
これからもよろしくね。



 
| ひー | 20:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| - | 20:08 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://hi-coonico.jugem.jp/trackback/42
TRACKBACK